東急ハンズトップ > ヒント・ファイル > 住まいの対策 > 壁面への重量物の取り付け

CHECK YOUR HINT

壁面への重量物の取り付け

066 壁面への重量物の取り付け

現在の住宅は石こうボードの壁が多く、
ネジや釘を打ってもすぐに取れてしまいます。
特に家具倒壊防止の金具や、
鏡・額などの重量物の取りつけには注意が必要。
取りつけできる場所は「センサー」で探しましょう。

下地の探し方

地震による家具倒壊防止の金具や力-テンレールの取りつけ、重さのある鏡・額などを取りつける際は、落ちないようにする必要があります。石こうボードの裏には下地として木の柱などがあるので、そこへ長さのあるネジ・釘を打ちつけましょう。

下地の探し方

下地は見た目ではわからないので、下地探しセンサーを使い探します。センサーによって異なりますが、壁裏の素 材(金属・木材・プラスチック・電線など)やコンクリート内部の鉄筋を探知し、点滅および電子音で知らせてくれます。

センサーには、マグネット対応、針がでるタイプもあります。

下地の探し方

電気ドリルについて

下地がわかれば、電気ドリルで下穴をあけます。

電気ドリルの種類

単速タイプと変速タイプ

電動ドリルには、回転数が一定の単速タイプと、スイッチの握り具合で回転速度を自由に変えられる無段変速タイプがあります。
また変速タイプには、刃先が材料にかまれて動かなくなったとき、反対方向に回転させられる正逆回転ドリルがあります。

振動タイプ

通常の回転機能と同時に、ドリルチャックが前後に振動する機能がついた強カドリル。コンクリートや石材の穴あけに最適。

充電タイプ

ドリル本体に充電式バッテリーを内蔵。電気コードが不要なため、屋外や屋根の上での作業に適しています。また、比較的回転がゆっくりな割に力があるので、ネジ締めに適しています。

ドリルピットの種類

穴をあける場所によって専用ドリルビットがあります。コンクリート用ビットは、振動タイプのドリルにつけて使用してください。

ドリルピットの種類

基本的な使い方

穴をあけたい部分にドリルビットをあて、スイッチを入れます。始めはゆっくりと、次第に力を入れて押しつけるのがコツです。きれいに穴をあけるには、ドリルビットを材料に対して、常に垂直に保つことが大切です。
※回転部には、触らないよう、 注意してください。

基本的な使い方

ネジ・釘について

下地に下穴をあけたら、取りつけるためのネジ・釘を打ちつけます。

ネジ

きれいに止めるには、ネジ頭の溝に合ったドライバーを使うことが大切です。

1番と2番は、特に大きさを間違えやすく、ネジの溝をつぶすことが多いので注意してください。ネジの頭に差した時、遊びがないものを使いましょう。また、ネジに対して垂直に力がかかるようにし、回すというより押しつける感じで、ネジを回しましょう。

※電動ドライバーは楽にネジの着脱ができ、便利です。

ドリルピットの種類

釘

しっかり打ち込み、釘の頭を埋め込んでおきましよう。

釘

HINT FILEとは?

あなたの生活に役立つ、ハンズの手づくりヒント集です。

→詳しく見る

おすすめHINT FILE

NO1

役立つロープの結び方

役立つロープの結び方

ロープやひもを使うのはアウトドアのみにあ・・

NO2

洋服ブラシでお手入れ

洋服ブラシでお手入れ

毎日洗わない洋服のお手入れは、ブラシがけ・・

NO3

電球の種類と特徴

電球の種類と特徴

電球は切れた時だけ替えるもの、と思ってい・・

NO4

水洗トイレのしくみと修理

水洗トイレのしくみと修理

何かが詰まった、水が止まらないなど、 ト・・

NO5

かばんを補修してみよう

かばんを補修してみよう

取っ手が壊れた、糸がほつれた......・・

NO6

粘土の種類

粘土の種類

粘土は子供から大人まで楽しめる工作材料。・・

NO7

皮革製品のなおし方

皮革製品のなおし方

愛用の皮革製品も、縫い目がほつれていたり・・

NO8

木材の種類と特徴

木材の種類と特徴

杉の木板とレンガを組み合わせて シンプル・・

NO9

ハンガーの正しい選び方

ハンガーの正しい選び方

シワを防ぐためにハンガーに掛けている..・・

NO10

接着剤の選び方

接着剤の選び方

ひと口に「接着剤」といっても、 よく使わ・・