東急ハンズトップ > ヒント・ファイル > サイクル > 自転車メンテナンス 1

CHECK YOUR HINT

自転車メンテナンス 1

093 自転車メンテナンス 1

車体に付いて放置された汚れや水分は、
パーツや自転車全体の寿命を縮める原因になります。
定期的なクリーニングとメンテナンスで、
いつまでも軽快な走りを。
手をかけることで、自転車への愛着もぐっと深まります。

サイクルクリーニングについて

1.自転車を綺麗に保つためには。

タオル2枚・クリーナー剤(無ければ中性洗剤でもかまいません)・油汚れ落とし用クリーナー・ブラシ類(無ければスポンジと要らなくなった歯ブラシなどでもかまいません)・ワックスもしくは艶出しポリッシュ・サイクルパーツ用オイル

2.自転車のフレームの汚れを落とします。

まず、ブラシまたはスポンジとクリーナーを使い、汚れを落とします。この際、ライトなどの電子機器などに水が掛からないようにご注意ください。
次に、水気をしっかり拭き取り、ポリッシュやワックスで磨き上げれば完了です。

3.自転車のギアやチェーン周りの油汚れを落とします。

水や洗剤でなかなか落ちない油汚れには、自転車専用のクリーナーがお勧めです。
ご使用に当たっては樹脂や塗装を劣化させる物もありますので、ご注意ください。
まず、ギア周り・チェーン類・周辺にクリーナーを吹き付けます。
次に専用のブラシ、もしくはいらなくなった歯ブラシ等でギア・チェーンの油汚れを落とします。
乾いたタオルで拭き取り、最後に駆動パーツに注油して完了です。
(注油を終えた後には余分な油をふき取っておきましょう。)

自転車の注油ポイント

油が切れたら、動きが悪くなり、当然走りが重くなります。そこで、定期的注油が必要となります。

給油ポイント

1.ブレーキレバーのつけ根。2.ブレーキワイヤー、アーチワイヤーの連結部分。3.フロントディレイラー(変速機)の軸部分。4.チェーン。5.リアディレイラー(変速機)の支点部・ブーリー

  • ※リムに油がかからないようにし、油が付いたら拭き取りましよう。
  • ※注油の量が多すぎると、油はねで各パーツが汚れる原因にもなりますので、ご注意ください。

HINT FILEとは?

あなたの生活に役立つ、ハンズの手づくりヒント集です。

→詳しく見る

おすすめHINT FILE

NO1

役立つロープの結び方

役立つロープの結び方

ロープやひもを使うのはアウトドアのみにあ・・

NO2

洋服ブラシでお手入れ

洋服ブラシでお手入れ

毎日洗わない洋服のお手入れは、ブラシがけ・・

NO3

電球の種類と特徴

電球の種類と特徴

電球は切れた時だけ替えるもの、と思ってい・・

NO4

水洗トイレのしくみと修理

水洗トイレのしくみと修理

何かが詰まった、水が止まらないなど、 ト・・

NO5

かばんを補修してみよう

かばんを補修してみよう

取っ手が壊れた、糸がほつれた......・・

NO6

粘土の種類

粘土の種類

粘土は子供から大人まで楽しめる工作材料。・・

NO7

皮革製品のなおし方

皮革製品のなおし方

愛用の皮革製品も、縫い目がほつれていたり・・

NO8

木材の種類と特徴

木材の種類と特徴

杉の木板とレンガを組み合わせて シンプル・・

NO9

ハンガーの正しい選び方

ハンガーの正しい選び方

シワを防ぐためにハンガーに掛けている..・・

NO10

接着剤の選び方

接着剤の選び方

ひと口に「接着剤」といっても、 よく使わ・・