東急ハンズトップ > ヒント・ファイル > クラフト > レザークラフトの基礎

CHECK YOUR HINT

レザークラフトの基礎

0105 レザークラフトの基礎

革は、使えば使うほど味が出る魅力的な素材です。
レザークラフトをマスターして、
自分だけのオリジナル革製品をつくってみませんか。

基本的な手順

①つくりたい作品を決め、型紙と革をカット

お好みの革を選び、型紙を決めて切り出します。革の表面に型紙を乗せ、周りを目打ちなどでなぞり薄く跡をつけます。革包丁やカッターなどを使いなぞった線に沿って、パーツごとにカットします。

ここがポイント

カットした後、コバ(革の切り目)にトコノールを塗り磨いておくと、切り口が滑らかになります。また、革の床面に塗ってガラス板などで擦ると繊維の毛羽立ちが抑えられます。

②接着する

縫い代にゴムのりや革用ボンドを薄くつけ、接着します。

ここがポイント

のりが付きにくい場合はカッターやヤスリで接着面を毛羽立たせてからのりを塗るとつきやすくなります。

③縫い穴を開け、縫う

縫い穴を開ける

ゴム板の上に革を置き、目打ちなどで縫い線のガイドラインを引いておきます。2〜4本目菱目打ちを使って、ガイドラインに沿って木づちで叩いて縫い穴を開けます。

ここがポイント

菱目打ちの穴を1目重ねながら開けていくと縫い穴が均等に開けられます。

針と糸の準備

1本の糸の両端にそれぞれ1本ずつ計2本の針を通します。糸はロウ引きをしてから針に通します。糸の長さの目安は、「縫う長さ×3+30cm」です。
 ①糸の端から針の長さくらいの位置に糸の繊維に針を3回刺したあと、糸の端を針穴に通します。
 ②針穴に通した糸をひっぱります。
 ③長い方の糸を短い糸の方にひっぱります。
 ④長い糸を短い糸に被せるように強くひっぱります。

縫う

 ①端から2つ目の穴に糸を通し糸の長さを揃えます。次に一番端の穴に針を左右から同時に刺し、針を抜きます。
 ②次の穴に同じように左右から針を同時に刺し縫い進めます。針の重なり(右:奥 左:手前)を決めて縫うとステッチがきれいに整います。
 ③最後は同じように2目戻ります。
 ④縫い終わりは2目に糸が2重になっています。

④縫い終わりの処理をする

麻糸を使用する場合、目立たない側に糸を出し、根元で切ります。革用ボンドを目打ちなどで少量塗り、縫い穴に糸の切れ端を押し込み、糸留めします。

ここがポイント

ポリエステル糸の場合は、縫い穴の根元から2〜3mm残して糸を切ります。残った糸の端をライターの火で炙って溶かし、ライターの底などで押し当てて溶かした糸を縫い目にくっつけて留めます。

⑤コバ(革の断面)を磨く

トコノールを少量指にとり、コバに薄く塗り込みます。トコノールが乾かないうちに、へりみがきなどで艶が出るまで磨きます。

ここがポイント

艶が足りない場合は、さらにトコノールを塗り、再度磨くときれいな艶が出ます。

レザークラフト用語

菱目打ち

縫うための穴を開ける工具。先端の刃が複数に分かれています。これを「目数」といい、たとえば先端が3本の刃に分かれた菱目打ちを「3本目菱目打ち」といいます。

コバ

革の切り口のこと。コバを整えることを「コバ磨き」といい、レザークラフト愛好家がこだわりを持って磨く部分です。

床面

革の裏面のこと。毛羽立っていることが多く、その毛羽立ちをトコノール(仕上げ剤)などをつけてガラス板などで磨き、滑らかにすることを「床磨き」といいます。また、床面をきれいに毛羽立たせたものがスエードやベロアと呼ばれます。

銀面

革の表面のこと。その表面は動物の肌のキメの細やかさ、毛穴の大きさ、形状などによりさまざまな表情(銀面模様)を映し出します。繊細できめ細やかなほど良質とされます。

アタリ

印のこと。革に縫い穴などを開ける前に、穴の位置に目打ちなどで印をつけることを「アタリをつける」といいます。

ハトメ抜き

革に穴を開けるための工具。ホックやカシメ、ハトメなどつけたい金具のサイズに合わせたハトメ抜きを選んで使います。

トコノール

革のコバや床面に使用する仕上げ剤の名称。コバ磨きや床磨きの際に革に塗りこんで、磨くことで毛羽立ちを抑え、艶を出します。

ロウ引き

麻糸などをロウでコーティングをすること。専用のロウを糸全体に擦りつけることで毛羽立ちが抑えられ糸がピンとします。糸の端をカッターなどでほぐし、細くなったところにロウ引きすると、糸が針に通しやすくなります。

タンニンなめし

植物性の渋(タンニン)を使用し、革をなめす方法。伸びにくく、傷つきやすいが、使い込むほどに味が増し、本来の革らしい経年変化が楽しめます。また、染色剤で色を着けていないタンニンなめし革のことを「ヌメ革」と呼びます。

クロムなめし

化学的な薬剤であるクロムを使用し、革をなめす方法。柔らかく弾力性があり、傷つきにくく耐熱性があります。

エイジング

革が経年変化し、風合いが変わること。特にオイルレザーは使い込むことで艶が増し、飴色になることで愛着が増します。クリームやオイルを塗ってお手入れをすることで、よりきれいな状態が保てます。

HINT FILEとは?

あなたの生活に役立つ、ハンズの手づくりヒント集です。

→詳しく見る

おすすめHINT FILE

NO1

役立つロープの結び方

役立つロープの結び方

ロープやひもを使うのはアウトドアのみにあ・・

NO2

水洗トイレのしくみと修理

水洗トイレのしくみと修理

何かが詰まった、水が止まらないなど、 ト・・

NO3

粘土の種類

粘土の種類

粘土は子供から大人まで楽しめる工作材料。・・

NO4

電球の種類と特徴

電球の種類と特徴

電球は切れた時だけ替えるもの、と思ってい・・

NO5

傘の修理

傘の修理

日本で年間に消費されるビニール傘は500・・

NO6

かばんを補修してみよう

かばんを補修してみよう

取っ手が壊れた、糸がほつれた......・・

NO7

金属の種類と特徴

金属の種類と特徴

丈夫で壊れにくい金属。 クールな輝きを持・・

NO8

接着剤の選び方

接着剤の選び方

ひと口に「接着剤」といっても、 よく使わ・・

NO9

絵具の種類

絵具の種類

本格的に絵を始めるなら、まずは絵具の種類・・

NO10

木材の種類と特徴

木材の種類と特徴

杉の木板とレンガを組み合わせて シンプル・・