東急ハンズトップ > ヒント・ファイル > クラフト > 記念の手形をつくろう

CHECK YOUR HINT

記念の手形をつくろう

100 記念の手形をつくろう

型取り材で型をとり石こうを流し込む。
精巧な「手形」は意外なほどカンタンにできあがります。
子どもの小さな手形は良い記念になります。
友だちの手形に派手なペイントを施せば、
インパクトある贈り物になるかも!?

かたとって®と石こうでつくる立体手形

※型枠寸法、材料の量は小学校4年生以下を想定しています。

準備するもの

つくり方

「かたとって®」と水を1対4の割合ではかり、バケツに入れて、ツブツブがなくなるまで泡立て器で混ぜる。(分量目安:300g+1200g)

段ボールの型枠に1を流し込む。

中に手首を入れ、手指を動かしてなじませ、皮膚に泡が残らないようにする。

固まるまでじっと待つ。(10分くらい)

手首を抜き出す。(指を少しずつ動かしてゆっくり抜く)

石こうと水を100対78の割合で、別々の器にはかり取る。(350g+273g)

紙コップに先に水を入れておき、その中に石こうを少しずつ加え全部加え終わってから混ぜる。

石こうにとろみがついたら、型の中に石こうを流し込む。(一度に全部入れず、少し入れては空気が残らないよう型枠ごと、机の上に軽くトントン叩きつける)

石こうの硬化を確かめる。

石こうの硬化後、型を少しずつちぎって取り除き、石こうを取り出す。

ポイント

石こうの指の間に残った「かたとって®」を楊枝で取り除く。

石こうを乾燥させる。

製作日、名前などを書いて完成。お好みで塗装もできます。

作り方イラスト

注意事項

型取り材の種類と特徴

種類 使い方 型の特徴 型に流し込める材料
各種樹脂 石こう ワックス 金属
シリコンゴム ゴム液と硬化剤を混ぜると、硬化してゴム型ができます。 無理な型抜きに耐え、繰り返し使えます。
原料液の粘度、作業時間、硬化時間、硬さなど性質の違いで使い分けます。
● ● ● ●
石こう 水と混ぜ合わせると短時間で硬化し、型ができます。 水分をよく吸収するので粘土細工の型に適します。
硬いので無理抜きはできません。
硬さ、耐熱性など性質の違いで使い分けます。
成型剤を流し込む前に離型処理をします。
● ● ● ●
かたとって® 水と混ぜ合わせると短時間で硬化し、型ができます。 コンニャク状で無理な型抜きに耐え、手足なども簡単に複製できます。 × ● × ×
テトリッコ® 型取り材、石こう、容器などが全部セットになっていて、簡単に手足の石こう模型ができます。 ビッグ、チャイルド、ベビーなど数種類あります。 × ● × ×

(注)どの型取り材も常温で使いますが、温度が高いと硬化が速くなり、作業できる時間が短くなるので注意が必要です。
※かたとって®、テトリッコ®は登録商標です。

HINT FILEとは?

あなたの生活に役立つ、ハンズの手づくりヒント集です。

→詳しく見る

おすすめHINT FILE

NO1

役立つロープの結び方

役立つロープの結び方

ロープやひもを使うのはアウトドアのみにあ・・

NO2

洋服ブラシでお手入れ

洋服ブラシでお手入れ

毎日洗わない洋服のお手入れは、ブラシがけ・・

NO3

電球の種類と特徴

電球の種類と特徴

電球は切れた時だけ替えるもの、と思ってい・・

NO4

水洗トイレのしくみと修理

水洗トイレのしくみと修理

何かが詰まった、水が止まらないなど、 ト・・

NO5

粘土の種類

粘土の種類

粘土は子供から大人まで楽しめる工作材料。・・

NO6

かばんを補修してみよう

かばんを補修してみよう

取っ手が壊れた、糸がほつれた......・・

NO7

傘の修理

傘の修理

日本で年間に消費されるビニール傘は500・・

NO8

接着剤の選び方

接着剤の選び方

ひと口に「接着剤」といっても、 よく使わ・・

NO9

皮革製品のなおし方

皮革製品のなおし方

愛用の皮革製品も、縫い目がほつれていたり・・

NO10

ハンガーの正しい選び方

ハンガーの正しい選び方

シワを防ぐためにハンガーに掛けている..・・